福原ソープ嬢の働くワケ

ソープランド業界は特殊な仕事の業界です。そこで働くソープ嬢の本来の姿を知る人はあまり多くないと思います。
風俗業界の中でもトップクラスの技術を持たないとできない、過酷なソープランドで働くには、普通の人では分からないような価値観を持っていて、波乱に満ちた過去を持つ女性が多いのです。
高収入が稼げるから。ただそれだけの理由で働いている訳ではないようです。

まだ根強いイメージで、風俗で女性が働く理由は借金だと思っている人が多いと思います。
一昔前はそうでしたが最近ではソープで働く理由としては減っているそうです。

確かにお金を稼ぐのが目的なのですが、その使いみちが、良いところに住みたいとかもっと豪華な生活がしたいとか、もっと買い物がしたいとか、自分の欲求を全面にだした積極的な理由ではtラいているそうですよ。
景気が悪いというのもあるんでしょうけど、女性が自分の人生を楽しむという感覚が強くなってきたからでしょう。

ソープランドだけでなく、風俗業界で働く女性は価値観に偏りがあります。
特に多いのが小さい頃に経験した性犯罪被害です。
医学的に見ても小さいころにうけた性的ハラスメントやレイプはその後の人生にずっとつきまといます。
ですので普通の人とは全く違った価値観が形成されるのです。

風俗で働く女性に過去の性遍歴を聞いてみると結構家族からのレイプやセクハラの話が出てきます。
男性が考えるより深く女性の心は傷つき、そして修復できないまま生活しているんです。

ですので風俗を辞めた後も普通の恋愛ができなくなったり、結局風俗へ戻ってきて目的もなくソープ嬢を続ける女性も多いそうです。

ソープランドで働く女性の中にはセックスが心から好きという方もいるのですが、一見ソープの仕事があっているように見えますが、過去の強い失恋経験やセクハラなどのストレスから逃げる為にセックスをしている場合も多く、目に見えないストレスのはけ口として性的な事に没頭してしまうのです。

普通の女性にもセックスが好きという方はいますが、果たしてソープ嬢になってまでその欲求を叶えたい人がいるでしょうか?
やはりソープ嬢には男性には見えない心のスキマがあるようです。